ゲーム

    【原神】PC版でコントローラーが動作しないときの対処法

    Copyright© 2012-2020 miHoYo ALL RIGHTS RESERVED

    2020年9月28日にリリースされた原神というゲームをご存知でしょうか?

    マルチプラットフォーム対応で作り込まれたキャラクターとオープンワールドの世界を楽しむことができます。

    スマホ版はコントローラーに対応していませんが、PC版の場合はPS4コントローラーとXbox コントローラーに対応しています。

    この記事では自分の持っているコントローラー(ゲームパット)がPCに認識されているにもかかわらず、ゲーム上で動かないときの対処法を解説したいと思います。

    通常のコントローラー操作への変更方法

    Copyright© 2012-2020 miHoYo ALL RIGHTS RESERVED
    Copyright© 2012-2020 miHoYo ALL RIGHTS RESERVED

    原神はデフォルトでキーボード操作になっています。

    コントローラー操作に変更するには、以下の手順を踏む必要です

    コントローラー操作への換え方
    1. 『Esc』キーを押す(キーボード左上)
    2. メニュー画面の歯車を押す
    3. オプション→操作→デバイスから「キーボードとマウス」から「コントローラーに変更する」

    これでコントローラー操作に変更することができます。

    現在、原神が対応しているコントローラーは公式サイトでは、以下のように説明されています。

    Q14:PC版「原神」でXbox・PS4のコントローラーは使えるかどうか。コントローラーの設定を変えたら操作ができなくなった。

    A14:PC版「原神」ではPS4用コントローラー・Xbox one用コントローラー・Xbox Elite コントローラーをサポートしております。今後のバージョンでコントローラーに関するパフォーマンスや互換性を高めていきますので、今しばらくお待ちいただければ幸いです。もしコントローラーの設定を変更した後に操作ができなくなった場合、システムから「コントロールパネル」の「デバイスとプリンター」でコントローラーに影響があるデバイスがあるかどうかをご確認ください。

    出典:原神 公式サイト より

    使っているコントローラーが動かない場合

    Copyright© 2012-2020 miHoYo ALL RIGHTS RESERVED

    さてここで問題となるのが、対応しているコントローラー以外では動かなくなり、操作が全くできなくなってしまうことがあります

    筆者はSONYライセンス商品のホリからでているコントローラーを使っていたのですが、認識せず…

    「原神 コントローラー」で検索をかけても、解決方法はなかなか載っていないのではないですよね。

    実はPC版の原神は『Xinput』が採用されているコントローラーしか動きません。

    コントローラーには『DirectInput』と『Xinput』の2種類に分かれています。

    2つの違いについては、詳しくはDirectInputとXinputの違いとは?【Windows講座】をご覧ください。

    例として…

    PC用のゲームパットやNintendo Swichiのコントローラーは『DirectInput』、Xboxコントローラーは『Xinput』が採用されています。

    『Xbox 360 Controller Emulator』を使う

    出典:Xbox 360 Controller Emulator 公式サイト より

    『Xbox 360 Controller Emulator』はDirectInputコントローラーをXboxコントローラーとして認識させるエミュレーターです

    公式サイトのリンクは『https://www.x360ce.com/

    注意点としてゲームによってはチートツールと捉えられることもありますので、使用する場合は自己責任となります

    導入方法

    『Xbox 360 Controller Emulator』の導入方法を説明します。

    ダウンロード

    Xbox360ceの導入方法
    1. 公式サイト『Xbox 360 Controller Emulator』へ
    2. 「Xbox 360 Controller Emulator 4.x」のからダウンロード
    3. 任意の場所に解凍する
    4. x360ce.exeを実行する

    x360ce(Ver.4)の設定

    『Xbox 360 Controller Emulator』を起動するとこのような画面になります。

     

    x360ceの設定画面で「Controller 1」の「Enable 0 Mapped Devices」のチェックをONします。

    この時に「Virtual Device Driver」をインストールする画面に変わりますので、インストールを実行します。

    「Virtual Device Driver」のインストールでは「Xbox 360 Controller Emulator」がインストールされ、「Bluetooth とその他デバイス」の設定画面で確認ができます。

    「Xbox 360 Controller Emulator」をインストール後に、「Controller 1」の設定を表示し、「Enable 0 Mapped Devices」のチェックがONになっていることを確認します。

    コントローラーを追加する

    PCにコントローラーを接続し、「Controller 1」に追加するため、「Add」ボタンを実行します。

    「Controller 1」の設定画面にコントローラーの設定が追加されます

    x360ce(Ver.4)の操作キーの割り当て

    コントローラーの操作キーの割り当てを行うため、設定画面で使用するコントローラーを選択します。

    以下の文章をコピーします。

    <PadSetting>
    <PadSettingChecksum>65234b08-7848-6f1e-4f73-d7bcd5630aac</PadSettingChecksum>
    <ButtonA>2</ButtonA>
    <ButtonB>3</ButtonB>
    <ButtonBack>9</ButtonBack>
    <ButtonStart>10</ButtonStart>
    <ButtonX>1</ButtonX>
    <ButtonY>4</ButtonY>
    <DPad>p1</DPad>
    <GamePadType>1</GamePadType>
    <LeftMotorPeriod>60</LeftMotorPeriod>
    <LeftShoulder>5</LeftShoulder>
    <LeftThumbAxisX>a1</LeftThumbAxisX>
    <LeftThumbAxisY>a-2</LeftThumbAxisY>
    <LeftThumbButton>11</LeftThumbButton>
    <LeftTrigger>7</LeftTrigger>
    <RightMotorPeriod>120</RightMotorPeriod>
    <RightShoulder>6</RightShoulder>
    <RightThumbAxisX>a3</RightThumbAxisX>
    <RightThumbAxisY>a-6</RightThumbAxisY>
    <RightThumbButton>12</RightThumbButton>
    <RightTrigger>8</RightTrigger>
    <ButtonBDeadZone>8192</ButtonBDeadZone>
    <ButtonBackDeadZone>8192</ButtonBackDeadZone>
    <ButtonStartDeadZone>8192</ButtonStartDeadZone>
    <LeftThumbButtonDeadZone>8192</LeftThumbButtonDeadZone>
    <RightThumbButtonDeadZone>8192</RightThumbButtonDeadZone>
    <LeftShoulderDeadZone>8192</LeftShoulderDeadZone>
    <RightShoulderDeadZone>8192</RightShoulderDeadZone>
    <DPadDownDeadZone>8192</DPadDownDeadZone>
    <DPadLeftDeadZone>8192</DPadLeftDeadZone>
    <DPadRightDeadZone>8192</DPadRightDeadZone>
    <DPadUpDeadZone>8192</DPadUpDeadZone>
    </PadSetting>

    コピーした状態で、x360ce設定画面の「Paste Preset」を実行すると、使用するコントローラーの割り当てが行われます。

    x360ceの「Controller1」 で各コントローラーのデバイスを選択して、対象のコントローラーを操作すると、操作しているボタンが緑色で表示され、各コントローラーが正しく認識されていることが分かります。

    設定はこれにて完了です。

    x360ceを起動したまま、原神を起動しましょう。

    追記

    2021年1月21日追記

    ver1.2の時点でx360ceを1度の起動でコントローラーが安定するようになりました。

    これといって設定を弄っていませんが、いつの間にかゲーム側が最適化されいるみたいです。

    ただしiOS版でのコントローラーの使用がver1.3の予告に含まれていましたので、Bluetooth接続のできるコントローラーを用意しておいたほうが、遊び方の幅が広がるかもしれませんね。

    2020年12月23日追記

    ver1.2時点でも動作を確認しています。

    私の環境では毎回以下の手順を踏んでいます。

    1. x360ceを起動
    2. コントローラー動作しない
    3. x360ceを再起動(×ボタンで停止)
    4. コントローラーのUSBを抜き差し
    5. x360ceのRemoveボタンでコントローラーを解除
    6. x360ceのAddボタンからコントローラーを再登録
    7. ボタンの動作を確認
    8. 動作しなかった場合④に戻る

    x360ceの注意点

    x360ceはあくまでもソフトによってXboxコントローラーをエミュレートするツールです。

    ゲームによってはチート行為に該当する場合もありますので、使用は自己責任です。

    ルールを守りBANの心配もなくプレイするには公式が推奨しているコントローラーを使うのが一番です。

    公式がサポートしているコントローラー
    1. PS4用コントローラー
    2. Xbox one用コントローラー
    3. Xbox Elite コントローラー

    ゲームを楽しむため、これを機に買い替えてみるのもありですね。

     

    COMMENT

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です