アニメ

バビロン アニメ 第7話 考察と感想「曲世愛という最悪。友、部下、同僚たちを失った正崎」


©野﨑まど・講談社/ツインエンジン

第7話 『最悪』あらすじ


©野﨑まど・講談社/ツインエンジン

公開討論に登場した少年の正体に世間は驚愕する。隠し玉を逆手に取られた野丸に成す術はなく、正崎達は予定通り齋の拉致作戦を開始する。問題なく任務が遂行されていく中、ある異変が静かに起き始めていた。

出典:TVアニメ「バビロン」公式サイト STORY より

考察と感想「曲世愛という最悪。友、部下、同僚たちを失った正崎」

斎開化の妻を装っていた曲世愛
©野﨑まど・講談社/ツインエンジン

バビロン第7話は予告で九字院に死亡フラグがたっていましたが、結果としては正崎を除く特別捜査班の捜査官たち全員が曲世愛によって死へと追いやられてしまいました。

斎開化の策は自分の息子を利用し民衆に自殺法の訴えようとしていることを伝えるという目的が描かれましたが、曲世愛が斎開化の妻を装っていたことが発覚し、正崎の関係者たちを次々と誘惑し自殺させてしまいます。

更に瀬黒陽麻は曲世愛に拉致され、曲世愛が悪を行う行為をライブカメラを通して見せつけられ、正崎は友も同僚もそして部下も失ってしまいます。

タイトルの『最悪』という言葉の通りの展開です。

第7話で何が起こったのか今回も各シーン毎に振り返っていきたいと思います。

斎開化の目的は?

息子の太陽を一人前の人間だと認め自分が自殺しようとしている理由を語る斎開化
©野﨑まど・講談社/ツインエンジン

動画をアップロードしていた子供の父親は自分だと明かした斎開化は公開討論では子供である太陽と向かい合い、自分が自殺をする理由を話します。

太陽は心臓を患っており、斎開化は自殺して自分の心臓を臓器移植に使おうと考えているとのこと。

ただし息子の心臓のことは斎開化にとってはきっかけには過ぎず、臓器移植だけでなく自殺によって解決される問題がたくさんあると話しました。

父親が息子に心臓を渡すということをたった1つのいい話だけに終わらせずに自らが自殺の可能性を示すことで世間の考え方を変えると斎開化は語ります。

そしてその放送を見ていた視聴者から「自分の心臓を使って欲しい」というメールやFAXが届きますが、斎開化はそれを「使いません」と断り、自分と太陽が一緒に生きていく世界を肯定しつつも「全くの他人が心臓を提供しますと言える。それを断って自死を選べる」これこそが自殺法の意義だとカメラに向かって言うのでした。

斎開化の拉致作戦

斎開化の移動経路図
©野﨑まど・講談社/ツインエンジン

放送を見守っていた正崎たちは斎開化が息子の太陽とのやり取りで否定派が周到に用意した作戦が覆り賛成派が増加するかもしれないと考えました。

しかし正崎は公開討論の結果はどうあれ斎開化の拉致作戦を実行に移すことにしました。

斎開化の妻子というイレギュラーが発生したため、「警備上の都合で」ということで斎開化と妻子を分断。

護衛班の本人警護から九字院を含む2名が妻子の警護に当たることにし、その2名を妻子班と命名。

公開討論の終了と同時に正崎たちは行動を開始します。

経路警備から各々正崎のいる指揮車宛てに護衛班の通過と同時に連絡を行い、斎開化の移動は予定通りのものでした。

北側のスタジオ方面の廊下で破裂音か発砲音のような音がしたと連絡が届く
©野﨑まど・講談社/ツインエンジン

しかし護衛班の寅尾太隈から「予定経路外で何か騒ぎが起きています」という報告が入り、詳細を聞くと「館内北側、小スタジオ方面の廊下辺りで破裂音か発砲音の音を確認しましたが、詳しくはわかりません」とのこと。

これに正崎は「騒ぎの確認ができ次第連絡する」と伝え斎開化の護送を優先します。

それから5分後、経路警備5地点から通過の連絡が入ったところで瀬黒陽麻が「スタジオ側の騒ぎはどうなったのでしょうか?」と疑問を口にし、それを受けて正崎は経路警備1~5地点まで確認の報告をするように命じますがいずれも反応がなく、経路警備6地点が反応し「護衛班はまだ通過していません」という連絡があるだけでした。

それに続き護衛班にも連絡をすると寅尾太隈が応答し、正崎は護衛班に移動を一時休止するよう指示します。

何かが起こっていると気づいた正崎は妻子班に連絡を取りますが応答はありませんでした。

指揮をとっている正崎のかわりに瀬黒陽麻が自ら「私が確認にいきます」と言い、それに正崎は「わかった」と応え妻子班には九字院がついているため経路警備を優先させるのでした。

確認を行った瀬黒から「経路6地点の手前で護衛班と合流。寅尾管理官以下5名と斎開化氏を確認。駐車場からここまでの経路にも異常はありませんでした」という報告を受けて、正崎は「そのまま5から1の経路警備の確認に向かってくれ」と続けて指示を出します。

血まみれの姿で正崎に報告をしにきた九字院
©野﨑まど・講談社/ツインエンジン

その後すぐに、指揮車に靴が投げつけられ、その音に警戒する正崎でしたが、外から「おーい正崎さん」と九寺院の声が聞こえ、駆け付けた正崎が見たのは膝を銃で撃たれた血まみれの九字院の姿でした。

九寺院の最後

正崎に忠告を言い残し正崎の目の前で頭にあてた銃の引き金を引く九寺院
©野﨑まど・講談社/ツインエンジン

九字院の怪我の様子を見て正崎は応急処置を施し助けを呼ぼうとしますが、九字院に腕を掴まれ「こっちが先だ」と強引に話を聞かされることになります。

九寺院が言うには足は自分で撃ったもので、斎開化の妻は曲世愛が演じていたことがわかります。

曲世愛に耳元でそっと話されただけで九字院の心は折れ、正崎になんとか忠告をしようとやってきたと言うのでした。

九字院は「逃げるんですよ。全部中止して一刻も早くこの場から逃げるんですよ。捕まえよなんて思っちゃいけねぇ。これから二度とかかわっちゃいけねぇ。ありゃ人間が相手にできるもんじゃねぇですよ。」と正崎に言うのでした。

寅尾管理官に連絡しようとする正崎でしたが、九字院は自分の心境を抑えきれない性衝動に例え、最後に「正崎さん私は伝えましたよ」と言い残して自分の頭に向けた銃の引き金を引くのでした。

瀬黒陽麻からの報告

経路班の不在を確認後、寅尾と合流しようとしたが、異様な様子だったので見を隠し正崎に報告する瀬黒陽麻
©野﨑まど・講談社/ツインエンジン

九字院の最後を見てから正崎は新域での集団自殺はすれ違った通りすがりの人々に曲世愛が自殺を勧めたのではという推理に至り、緊急事態を察して各班に連絡をしようとしますがどこからも応答がありませんでした。

遅れて瀬黒陽麻から応答があり、経路班の不在を確認した後寅尾管理官の元に戻った瀬陽麻でしたが、何故か斎夫人が一緒におり、様子がおかしかったためNHCホールの舞台裏の遮蔽物に隠れたと状況の報告がありました。

それに正崎は斎夫人の正体は曲世愛で九字院が既に犠牲になっていると伝え、そのまま隠れていろと指示しましたが、瀬黒は曲世愛に気づかれたと応えます。

ならば逃げろと正崎は言うのですが、瀬黒陽麻はその指示に背き「管理官たちと協力して曲世愛を逮捕します」と言って無線を切ってしまうのでした。

正気を疑われ取り合ってもらえない正崎

聴取を受ける正崎
©野﨑まど・講談社/ツインエンジン

NHCホールに正崎は辿り着きますが、既に手遅れで寅尾太隈をはじめとする護衛にあたっていた刑事たちは皆遺書を残して自殺していました。

また瀬黒の姿を探しますが、NHCビルの外に片方の靴だけが落ちているのを正崎が発見し瀬黒陽麻が曲世愛に攫われたことを理解します。

現場の異常な事態に聴取を受けることになった正崎。

現場には争った形跡もなく、遺体からは硝煙反応が出ており、遺書も本人の筆跡と一致したことを刑事が正崎に告げますが、正崎は「あれは集団自殺なんかじゃない。曲世愛という女が皆を殺したんだ。そして瀬黒陽麻事務官を拉致し姿を消した」と起こったことを告げますが、刑事からは正崎が九字院が目の前で自殺したと証言したため正気ではないと判断され取り合ってもらえませんでした。

分かり合おうと言う曲世愛

ライブカメラに映り微笑み手を振る曲世愛
©野﨑まど・講談社/ツインエンジン

事件の聴取も終わり10月21日となり、何もできなかった正崎は苛立ちを表に出しますが、瀬黒陽麻がその場で自殺させられていなかったことからまだ生きていると推測し、まだ終わっていないと自分を奮い立たせます。

そんなところへ瀬黒陽麻の携帯からURLを添付されたメールがあり、そのURLをPCに打ち込むと曲世愛の映るライブカメラへ繋がり、視聴人数を確認した曲世愛が正崎に向かって微笑み手を振る様子が映るのでした。

曲世愛は先日電話でした勇者の話を持ち出し、それよりも良いことは勇者の想いが民衆と共有され皆で世界を救うことだと話しはじめます。

拘束され曲世にマジックで腕や首に切り取り線を書かれる瀬黒陽麻
©野﨑まど・講談社/ツインエンジン

そんな話をしながら曲世愛は拘束した瀬黒陽麻にマジックで印を書き、善人である正崎に曲世愛は今やろうとしている悪いことを「わかって欲しい」というのでした。

曲世愛も自分の行いを悪いことだと認め、正崎と自分は同じ認識であると言いながら切り取り線を書いた瀬黒陽麻に斧を振るいます。

猫好きの人と犬好きの人が決して相いれない訳ではないように、善いことが好きな人と悪いことが好きな人がいるだけのことだと曲世愛は語ります。

そして互いのことを理解しあえばきっとその魅力は伝わると言い、正崎にどうして曲世愛が悪いことをしているのかを考えて理解して欲しいと言うのでした。

悪には意味があるという曲世愛
©野﨑まど・講談社/ツインエンジン

「何故?何故?悪いって何?悪ってなにかしら?」と曲世は正崎に問い続け、「大丈夫。きっとわかる。理解できないなんてことは絶対にありません。だって私たち同じ人間なんですもの。正崎さん、あなたにもわかるから。きっと、絶対に、わかるから」と言って瀬黒陽麻に斧を振り下ろすのでした。

第2章完結!第8話から第3章へ

正崎の妻と子供が作っていた正崎を模したお弁当
©野﨑まど・講談社/ツインエンジン

エンディングの字幕から『バビロン』の第2章がこの事件で完結したことがわかりました。

曲世愛の「わかって欲しい」という訴えと斧で斬られる瀬黒陽麻と裏で正崎の妻と子共が笑いながら料理を作るという対比が視聴していてとても痛々しかったです。

第7話では九字院という友や信頼のおける同僚である寅尾たち捜査官、そしてやっと信頼が掴めてきた部下である瀬黒陽麻との別れが描かれ、正崎は曲世愛に死にたくなるほど打ちのめされるという結果になりました。

これから曲世愛は正崎を誘惑しようとするのでしょうか?

今後の展開が気になります。

第7話のエンディングは特殊ver.
©野﨑まど・講談社/ツインエンジン

ちなみに第8話はエンディングが特殊演出となっており、エンディングテーマも『イノチ食ム魂(repuiem ver.)』に変更されていました。

 

Amazon prime Video
『バビロン』はAmazon Prime Video にて 日本・海外独占配信中。
更に10月6日から1話~3話まで先行配信済み。
独占配信以外の見逃し配信は1週間後ですが、Amazon Prime会員ならおすすめです。
結構な頻度で無料見放題のラインナップが変わってしまうのが玉に瑕。

詳細ページ第7話「最悪」

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です