アニメ

旗揚!けものみち アニメ 第2話 感想「花子とカーミラも登場!りんごは愛の証」


©2019 暁なつめ/まったくモー助/夢唄/KADOKAWA/けものみち製作委員会

第2話 『クエスト×魔獣殺し』あらすじ


©2019 暁なつめ/まったくモー助/夢唄/KADOKAWA/けものみち製作委員会

ペットショップ設立のため、資金集めを開始した源蔵とシグレ。さっそく街のハンターギルドへ赴くと、高額報奨金のサラマンダー退治のクエストを発見する。 報奨金目当てに意気揚々とクエストを受注する源蔵とは反対に不安気なシグレだが…。

出典:TVアニメ「旗揚!けものみち」公式サイト STORY より

感想「花子とカーミラも登場!りんごは愛の証」

OP映像が少しだけ変化

第2話はシグレがカメラ目線
©2019 暁なつめ/まったくモー助/夢唄/KADOKAWA/けものみち製作委員会

 

熱いオープニングの『 闘魂! ケモナーマスク』が流れ今週も第2話『クエスト×魔獣殺し』が放送されました。

OP映像が少しだけ変化していましたね。

とはいっても最後の「制作 けものみち制作委員会」と流れる部分で、カメラ目線になるキャラクターが源蔵からシグレに変更されただけですが…

第2話のストーリー中で花子とカーミラも登場してきましたし、次回は誰になるのか気になりますね。

予想としては花子かな?

ペットショップ設立に向けて

源蔵からペットショップ経営の話を聞き「ボロい金儲け」にわくわくするシグレ
©2019 暁なつめ/まったくモー助/夢唄/KADOKAWA/けものみち製作委員会

 

第1話からの続きで源蔵がシグレにけもの愛を語り、今後の目標をペットショップを作ろうと思うと提案し、お金儲けという点と魔人を差別しない源蔵の姿勢をみて協力することになりました。

クエスト報酬とペットショップでの売買による2重取りとなることにシグレはボロい金儲けだと思ったようですね。

またこの話合いの最中にシグレはエドガーからの借金の返済のため源蔵とパーティを組ませて欲しいとお願いし、源蔵はこれを快諾していました。

シグレの耳を観ながらの源蔵の快諾でしたが、シグレはまだ源蔵にモフられてないですよね?

第1話でシグレを目撃したときには狼耳と尻尾をモフるために源蔵が助けていたのですが、シグレの経緯がアレだったのでモフりが後回しになっていますね。

源蔵はまだ文字が読めない

源蔵からペットショップ経営の話を聞き「ボロい金儲け」にわくわくするシグレ
©2019 暁なつめ/まったくモー助/夢唄/KADOKAWA/けものみち製作委員会

 

異世界召喚からほとんど時間が経っていないため、源蔵はまだエドガルド王国で使われている文字が読めないようです。

第1話でのケルベロスのクエストでの源蔵の活躍からハンター界隈では源蔵に『魔獣殺し』の通り名がついていました。

ただ源蔵はクエストや依頼のことを「試合」と呼んでおり、プロレスラーとして魔物と試合を行っているという独自の解釈があるようですね。

手っ取り早くお金を稼ぐため一番高い賞金がついているクエストを片っ端から源蔵は受けていきます。

シグレは着いてきているだけですが借金を返済しているシーンも描写されており、源蔵からパーティとしての報酬を分けられているようです。

たしかに源蔵はまだ文字を読むことができないので、ガイドとして役にたっていますしね。

融資のために必要な自己資金の紙を見て驚く源蔵
©2019 暁なつめ/まったくモー助/夢唄/KADOKAWA/けものみち製作委員会

 

ただし第2話のラストペットショップ経営のための融資の話合いを行っているシーンで自己資金が20%ないといけないと言われ渡された紙を見て源蔵は驚いています。

既にここまでの生活の間に簡単な文字や数字は習得したのかも?

ケルベロスの行方が明らかに

依頼をこなすうちに捕まえた魔物たち
©2019 暁なつめ/まったくモー助/夢唄/KADOKAWA/けものみち製作委員会

 

第1話で源蔵が手なずけたケルベロスですが、その後どうなってしまったのかと気になっていました。

源蔵がその後サラマンダー、軍隊猿と依頼をこなしているうちに出会った獣を捕獲していたことがわかり、その中にケルベロスがいたので安心?してしまいました。

軍隊猿の「りんごだよ」の下りも笑えてしまいましたし、軍隊猿の威嚇に対してシブレも威嚇しかえしている顔にも笑ってしまいました。

増えすぎた魔物たちの住家を用意するため源蔵はオーク退治へと向かいます。

オーク退治はテンション下がりまくりの源蔵

オーク退治の依頼を受けるために魔獣の生態が書かれた図鑑でオークの姿を確認した源蔵は「だってこいつ獣じゃねぇじゃん」「だったらもう人じゃねぇかよ」とテンションが下がりまくりでした。

ただしこの依頼の報奨金が破格であるとシグレから聞いた源蔵はやる気を出し、オーク退治へと向かいます。

退治の依頼でしたが、やはり源蔵はオーク相手でも肉体言語で会話を行い、オークのリーダーに認められオークを服従させることができました。

結局リーダーは元のオークに任せ群れにリーダーの言う事を聞くように指示を飛ばしていましたが、指示の中に源蔵が「近隣の村を襲わないように」とも付け加えていたのかと考えてしまいます。

花子とカーミラも登場

花子が家出したことを知り絶対に連れ戻すと言うカーミラ
©2019 暁なつめ/まったくモー助/夢唄/KADOKAWA/けものみち製作委員会

 

第2話の作中で花子が美食を求めて屋敷を飛び出し、お嬢様がいなくなったことを知ったカーミラが「必ず連れ戻してみせる」と決意するシーンがありました。

実物のケーキをみてよだれを垂らす花子
©2019 暁なつめ/まったくモー助/夢唄/KADOKAWA/けものみち製作委員会

 

ラストシーンで花子がケーキ屋の前でよだれを垂らしているシーンが描写されていたので花子は既に源蔵たちのいるエドガルド王国の街にいることがわかります。

エンドロールにも名前が出ていましたし、次回予告も『家出少女×襲撃者』ということで源蔵が花子にお菓子を奢り懐かれたところでカーミラが襲撃に訪れるといった展開なのかなと予想しています。

今週のけものみち

「今週のけものみち」第2回は ジャイアントスイングを検証しています。

お互い身体的ダメージがほぼなく、お互いに目が回った状態になるという見た目通りをプロも解説するところが面白かったです。

ジャイアントスイングってお互いにとってマイナスじゃん…

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です