アニメ

旗揚!けものみち アニメ 第3話 考察と感想「花子って本名じゃないんですね!」


©2019 暁なつめ/まったくモー助/夢唄/KADOKAWA/けものみち製作委員会

第3話 『家出少女×襲撃者』あらすじ

©2019 暁なつめ/まったくモー助/夢唄/KADOKAWA/けものみち製作委員会

念願の家を購入した源蔵たちだったが、魔獣の餌代で早くも赤字状態に……。そんなある日、庭で行き倒れていた少女を助けた源蔵。彼女はドラゴンハーフであることと名前だけ告げると姿を消してしまった。そこへちょうど街から戻ったシグレは、とある事件を解決させようと源蔵をハンターギルドへ連れ出す。

出典:TVアニメ「旗揚!けものみち」公式サイト STORY より

考察と感想「花子って本名じゃないんですね!」

OPは今回は花子


©2019 暁なつめ/まったくモー助/夢唄/KADOKAWA/けものみち製作委員会

 

第1話源蔵、第2話シグレに引き続き第3話は花子がカメラ目線です。

物語の展開もほぼ花子メインでしたので、次回辺りがカーミラになるのでしょうか?

1周したらどうなるんでしょうね?

ランダムでその回活躍する4人の中の誰かになるのか、それとも別キャラが割り込むのか…。

さすがにそこまでOP映像には力を入れないとは思います。

シグレが質に入れたもの

拾った武器を質に入れるシグレ
©2019 暁なつめ/まったくモー助/夢唄/KADOKAWA/けものみち製作委員会

 

シグレ「それじゃ、これを質に入れるついでにギルドを見てきます。何か見入りのいい仕事があるかもしれませんから」

私は一度目の視聴でシグレ何を質に入れたんだろうと気になって録画を見返したんですが、シグレがちゃっかり武器類を質に入れてたんですね。

冒険者カゲロウも剣を新調して登場していましたし、シグレさんカゲロウの剣売っぱらってますよね!?

源蔵に対してはツッコミのポジションに近くなっていますが、シグレは金銭に関しては抜け目ないです。

源蔵とシグレはマイホームを無事に手に入れることはできましたが、融資のための資本金が足りずペットショップオープンまでには至ってない様子です。

花子は本名じゃなかった!?

自分のことをリンダブレアと名乗る花子
©2019 暁なつめ/まったくモー助/夢唄/KADOKAWA/けものみち製作委員会

 

家の庭でヒロユキが空腹で倒れていた花子を発見し、その面倒を見ていたのが花子と源蔵の出会いです。

自分ことを家名が知られないように最初はリンダブレアですと名乗っていましたが、花子って花子って名前じゃないんですね。

確かにカーミラに比べて異世界っぽくない名前だなとは思ってましたが…。

花子の本名は『ファフニール・メルドブラグ・リンダブレア』というらしく、魔王配下四大侯爵家であるファフニール家の長女だそうな。

結局退屈な屋敷での生活と美食、そしてヒロユキとの出会いに運命を感じペットショップの手伝いをすることになりました。

街で夜中にドラゴンが出るという噂の最中に源蔵がリンダブレアに『デストロイヤー・花子』という仮名をつけたことで、そのまま花子ということになってしまいました。

源蔵に料理スキルはない模様

源蔵が花子に振舞った食事
©2019 暁なつめ/まったくモー助/夢唄/KADOKAWA/けものみち製作委員会

 

お腹を空かせていた花子に源蔵が焼き魚を振舞っていましたが、質素な食べ物だったので源蔵は料理は苦手なのかなと思いました。

苦手というより人間より動物優先の思考からご飯よりもバランスの良いペットフード作りのほうが得意そうです。

源蔵の持っているペットフードは源蔵手製?
©2019 暁なつめ/まったくモー助/夢唄/KADOKAWA/けものみち製作委員会

 

ペットフードを魔物たちにあげていましたが、ペットという文化がない世界ですので、ペットフードは買ったのではなく源蔵お手製かなと考えています。

得意料理はプロテインとかでしょうか?

街で不審者の噂が…

今回のギルドからの依頼は街での不審者騒動
©2019 暁なつめ/まったくモー助/夢唄/KADOKAWA/けものみち製作委員会

 

シグレがギルドからとってきた仕事はギルドに来ていた夜街での不審者騒動でした。

最初は源蔵が「興味ないな他を当たれ」と即答したものの、被害者の冒険者が「犯人は魔獣だ」と言った事から街に徘徊するドラゴンを追うことになりました。

再びネコババするシグレ
©2019 暁なつめ/まったくモー助/夢唄/KADOKAWA/けものみち製作委員会

 

またカゲロウが登場しましたが、新たな剣『ダーインスレイヴ』も源蔵にドロップキックを受けた際に落としてしまい、シグレが再びネコババしてしまいます。

ケモナーマスク再び

家のクローゼットの中にしまってあったケモナーマスクセット
©2019 暁なつめ/まったくモー助/夢唄/KADOKAWA/けものみち製作委員会

 

事件の犯人が花子ではないと睨んだ源蔵はケモナーマスクに再び変身し、夜の街へ調査へ向かいます。

大事にクローゼットにとってあったんですね。

マントとかちゃんと後で回収してきたってことでしょうか?

夜にケモナーマスク姿で徘徊していたために源蔵は冒険者に不審者と間違われ、追われる側になってしまいました。

罠にかかった花子と共に夜の街を冒険者たちから逃げることになり、そこへカーミラが現れ、「お嬢様をたぶらかす不届き者」としてカーミラと戦うことに。

お嬢様をたぶらかした不届き者として襲ってきたカーミラ
©2019 暁なつめ/まったくモー助/夢唄/KADOKAWA/けものみち製作委員会

 

源蔵はレスラー時代の仇敵ジャック・ザ・ヒャッハーとの経験を元にカーミラを組み伏せてしまいます。

その後シグレと出会い、不審者騒動を悟ったシグレの誘導の元一旦家花子を連れて家に戻ることになりました。

それから花子から話を聞こうとした源蔵ですが、カーミラが再び現れますが、シグレが奥から持ってきた教会の聖水で撃退。

カーミラににんにくを食べさせようとする源蔵と十字架を腕で表現するシグレ
©2019 暁なつめ/まったくモー助/夢唄/KADOKAWA/けものみち製作委員会

 

にんにくをカーミラの口の中に入れようと押さえこみますが、花子に「そのこを許してあげてはもらえませんか?馬鹿なこですが大事な従者なんです」と助け船が入りカーミラとの戦闘は中止に。

家出の理由を源蔵が「お前みたいな子供がこんな夜中に徘徊するだけの理由があったんだろうが。本当にこのまま帰って後悔はないのか?お前の願いを言ってみろ」と花子に熱を込めて聞くと花子はヒロユキと運命の出会いをしたと言い、源蔵のペットショップ経営を手伝うことになりました。

街を騒がした犯人はカーミラ

犯人のカーミラにジャーマンスープレックスを掛けて一件落着
©2019 暁なつめ/まったくモー助/夢唄/KADOKAWA/けものみち製作委員会

 

街の騒がした不審者は花子を探しに街にやってきたカーミラが「お嬢様の匂いを追っているうちになんだか盛り上がってしまい…通りがかる人種を襲っていたのです。この事はここだけの秘密ですよ」ということでした。

源蔵から「お前かー!!」と正義のジャーマンをカーミラにかけ、街の不審者事件は幕を閉じました。

今週のけものみち

「今週のけものみち」第3回は 源蔵がハンターギルドのギルドマスターに雪崩式DDTを検証しています。

人間相手だと危険ということで人形+マットで検証です。

なんだかんだでこの動画面白いんですよね。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です