アニメ

転生したらスライムだった件 第2期 第27話 あらすじと感想「夜のお店回!ガゼルの発言が伏線のオンパレード」


©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

この記事ではアニメ『転生したらスライムだった件』の感想や考察を紹介しています。

紹介話数内のネタバレも含まれますので、未視聴の方は各種VODサイトにてご覧ください。

また原作小説も完結が間近となっていますので、是非これを機にチェックしてみてください。

第27話「楽園、再び」あらすじ

夜のお店に遊びにきたリムルたち
夜のお店に遊びにきたリムルたち
©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

ガゼル王との会談と、武装国家ドワルゴンとの二国間友好宣言に伴う民衆への演説。ふたつの大仕事を終えたリムルは、シュナとシオンの目を盗んで、かつてゴブタと約束した「あの楽園」に意気揚々と向かうのだった。

【公式】アニメ 「転生したらスライムだった件」より

感想「夜のお店回!ガゼルの発言が伏線のオンパレード」

出会えて良かったガゼル王

高出力の魔法兵器ではなく魔王ミリムがやったことを信じると言ったガゼル王
高出力の魔法兵器ではなく魔王ミリムがやったことを信じると言ったガゼル王
©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

27話ではドワルゴンで行わる式典のため、久しぶりのガゼル王との再会が描かれました。

テンペストと一番最初に国交を樹立し、魔物の国の後ろ盾となったドワルゴン。

後々のことを考えるとテンペストの発展と共に大きな利益を得ることになるので、ガゼル王は先見の明があり、さすが王様といったところなのですが、スライムの言っていることを信じてくれたり、王としての助言をくれたりと序盤で出会えて本当に良かった存在ですね

高出力の魔法兵器が存在しないことや魔王ミリムと友人になったことなど、王の気まぐれや人を見て判断しているように見えますが、『読心スキル』のおかげだったり。

リムルが持参したブランデーも気に入ってくれた様子でした。

現時点ではドワルゴンは食料をファルムス王国と帝国からの輸入に頼っているようです。

原作既読の方だとこの2国の名前が出ると不穏な気持ちになりますが、テンペストが大きく発展していなかったら、ドワルゴンとファルムスそして帝国との関係性は保たれていたのかなとも考えられるシーンでした

まぁ時期が来たら帝国は侵略してくるんですが…

眠れないし、酔えないし

お酒を飲んで直ぐにアルコールを毒物と判定し分解する大賢者

©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

リムルってスライムになったので睡眠を必要としない身体になりました。

一応眠る訓練のようなものを日々行っているので、睡眠のようなものをとることができるようにはなっています。

27話で描かれた通り、美味しいお酒を造っても『大賢者』によって毒物として判定され、レジストされてしまいます

こういうところからもリムルが食に無駄なこだわりを発揮したり、娯楽の開発に精を出す理由の一つかなとも思ってしまいます。

魔王たらし

ハチミツとマブダチという言葉でたらしこまれた魔王ミリム
ハチミツとマブダチという言葉でたらしこまれた魔王ミリム
©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

カリオンとも交流があることがわかり、ドルフに「恐るべき魔王たらし」と称されていましたが、的を得ていますよね

魔王に留まらず、人(ミョンマイルからは肖像画を飾られるほど)・魔物・悪魔(ディアブロからの崇拝は度を超えている)などなど様々な人たちをたらしこみますしね。

容姿だけではそううまくはいくはずもなく、リムルって前世でも人から好かれてたんじゃないのかなと思ってしまいます。

童貞でしたが…

問題の友好宣言

ドワルゴンにて友好宣言のスピーチを行うリムル
ドワルゴンにて友好宣言のスピーチを行うリムル
©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

アニメで見ている限りでは「悪いスライムじゃないよ」がちゃんと伝わったスピーチだったと思いますが、大問題のスピーチだったんですよね。

ガゼルが指摘した通り、「短すぎる、遜りすぎる、情に訴えすぎる」と指摘され0点をとってしまいました。

「情に訴えかけすぎる」という伏線はエルフのお店に行った後に、シュナに怒られたシーンで回収されました。

でも「他国の住民に下手に出れば舐められるだけだ」っていうのも伏線なんですよね

ミュウランがヨウム一行の仲間になる

ヨウムの仲間になったミュウラン
ヨウムの仲間になったミュウラン
©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

一応ヨウム一行にはロンメルという魔法使いがいるのですが、エリートだったため実践経験が乏しく、ヨウムも脳筋ぎみなので魔法の対策などはできていません。

27話ではミュウランに初歩の魔法でコテンパンにされ、ヨウムがミュウランのことを認め、仲間に引き入れることになりました

ミュウランはクレイマンから密命を受けているため、潜入の第1段階に成功したということになります。

アニメのほうではヨウムは気の良い兄さんという感じに描かれていますが、原作小説では調査団としてファルムス王国からテンペストに送られた流れが丁寧に描かれています。

ロンメルもどうしてヨウム一行と一緒にいるのかということが細かく描写されていますので、気になる方は是非原作小説を読んでみてください。

簡単に補足しておくとヨウムたちはファルムス王国のとある伯爵から捨て駒としてテンペストを調査するように命じられた小悪党です。

監視役としてロンメルがつけられましたが、ヨウムの悪に魅せられ、ヨウムに従うようになりました。

ヨウムはリムルによって英雄に仕立て上げられ、一行も改心しロンメルが伯爵に虚偽の報告をしてヨウムの仲間として冒険に加わっているという感じです。

転スラ2期が観れるVOD

dアニメストア
月額400円でアニメが見放題。とにかくアニメに特化したVODでアニメを観るのならdアニメストアがお得です。最近では2.5次元舞台やホロライブも配信を開始し、アニソンの配信も楽しめます。
もちろんドコモ以外の方でも簡単に利用できます。

転スラについてはdアニメストア限定で先行配信も行われました。

転スラ2期の放送は毎週水曜日!

 

無料で試す詳細ページ

U-NEXT
月額1,990円で14万本以上のドラマや映画、アニメなどが見放題。更に70冊以上の雑誌も読み放題。月々に加算されるポイントは有料のレンタル作品に使ったり、U-NEXT内で販売されている電子書籍を購入することができます。
VODの中では割高ですが、サービスの更新が多く、日々サービスの質が向上しU-NEXTを使っておけば間違いなしです。

転スラ2期の放送は毎週水曜日!

 

無料で試す詳細ページ

Amazonプライム・ビデオ
月額500円でAmazonプライム会員になれば利用できるVODサービス。
Amazonでの買い物にお得になるプライム会員特典の1つとしてAmazonプライム・ビデオの見放題作品が無料で視聴することができます。
転スラ2期は毎週水曜日!

無料で試す公式ページ

FOD
月額888円でフジテレビ系の動画や独占タイトル5,000本以上が楽しめるVODサービス。
フジテレビのタイトルだけでなくバラエティ・アニメ・映画など様々なジャンルのラインナップがあります。特に漫画をよく購入する方はポイントを併用して購入ができるためおすすめです。
8のつく日はポイントプレゼントのキャンペーンなんかが独自で面白いサービスとなっています。
転スラ2期は毎週水曜日!

無料で試す公式ページ

ABEMAプレミアム
月額960円でABEMAを快適に視聴できるサービスです。
放送中の番組を最初から視聴できる機能や広告の非表示、放送後もコメントありで楽しめる機能などがあります。

無料で試す公式ページ

Hulu
月額1,026円で映画・ドラマ・アニメ・バラエティなどが楽しめるVODサービス。
動画のみに特化しており、UIがわかりやすいのが特徴的。
転スラ2期は毎週水曜日!

無料で試す公式ページ

他の配信サービス

転スラ関連商品

原作小説はもうすぐ完結!

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です