アニメ

旗揚!けものみち アニメ 第4話 考察と感想「ケモナーマスク異世界初の黒星」


©2019 暁なつめ/まったくモー助/夢唄/KADOKAWA/けものみち製作委員会

第4話 『魔獣×バイトあらすじ


©2019 暁なつめ/まったくモー助/夢唄/KADOKAWA/けものみち製作委員会

迷惑な住人が増えてますます貧困を窮める源蔵パーティー……このままでは銀行の融資が下りない! 源蔵たちは一念発起して働きに出ることに。しかし、金は増えるどころか減る始末……。現状を打開するべく、シグレはグリフォン討伐クエストをパーティーに持ちかける。

出典:TVアニメ「旗揚!けものみち」公式サイト STORY より

考察と感想「ケモナーマスク異世界初の黒星」

第4話のOP映像はカーミラ


©2019 暁なつめ/まったくモー助/夢唄/KADOKAWA/けものみち製作委員会

 

第4話は順当にカーミラがカメラ目線でした。

CM前のアイキャッチもカーミラでしたし、今回はカーミラが物語の中心となるのかなと思いきや、久しぶりのアルテナ姫の登場やシグレの苦労などが描かれていました。

異世界でも最強のレスラー『ケモナーマスク』なのかと思いきや第4話のグリフォン戦では不覚にも黒星という形になってしまいました。

花子がいなければどうなっていたことやら。

ただ第4話は新たな登場人物などもなく、ペットショップ開店への話も実を結ぶことがなく、物語が停滞しています。

久しぶりに登場したアルテナ姫

第1話ぶりに登場したアルテナ姫。場内で「尻姫」というあだ名がつきこの顔
©2019 暁なつめ/まったくモー助/夢唄/KADOKAWA/けものみち製作委員会

 

第1話の召喚からのジャーマンスープレックスを受けたアルテナ姫が登場したことは少し意外でした。

場内ではあられもない姿を晒してしまったことから「尻姫」と家臣たちから呼ばれ、冷静な態度を装いつつも涙目な顔が可愛かったです。

アルテナ姫としては久しぶりですが、CVを務めている末柄里恵さんはひろゆきのCVも務めているので実は皆勤賞だったりするんですよね。

一番マトモなのがシグレ?

シグレ苦労話っぽくはじまった第4話
©2019 暁なつめ/まったくモー助/夢唄/KADOKAWA/けものみち製作委員会

 

何故かシグレ苦労しています的な感じで始まりましたが、源蔵の元にいて収入では補えないほどケモノの数が多くきちんと日銭を稼いでくるはシグレだけのようです。

源蔵の理想に賛同してますが、最初に思い描いたボロい金儲けはまだまだ遠い様子です。

ペットの習慣はないけれど猫っぽいのはいる

源蔵が口説いたアケミ
©2019 暁なつめ/まったくモー助/夢唄/KADOKAWA/けものみち製作委員会

 

ペットの文化がなく源蔵のいう『ペットショップ』というものがわからない世界観なのですが、街中にも猫っぽい何かがいるようです。

一応ネコマタとかの魔獣に分類されるのでしょうか?

ご近所の奥さんも旦那がコボルトということもあって『旗揚!けものみち』での魔獣・魔物・亜人なんかの区別がどのような線引きなのか気になります。

ペットショップの件は白紙に?

融資の話の続きをしに来たクラスター銀行のクラウス
©2019 暁なつめ/まったくモー助/夢唄/KADOKAWA/けものみち製作委員会

 

自由奔放に生活していましたが、そのへ融資の話でクラスター銀行のクラウスがやってきます。

源蔵は準備金のことなど忘れており、今はけものたちの面倒をみることにしたい様子でしたが、クラウスの「そうですか。でしたら融資の件は白紙に戻すということで」という一言で源蔵がやる気を漲らせ、源蔵・シグレ・花子・カーミラ・ジークでバイトをすることになりました。

源蔵は土木、シグレは謎の出前、花子は大食いチャレンジ、カーミラはほぼぽん引き、ジークはバーテンとそれぞれバイトを行いましたが、シグレ以外は働く前よりもお金が少なくなるという謎の結果に…。

源蔵が拾ってきた鳥にぶちキレるシグレ
©2019 暁なつめ/まったくモー助/夢唄/KADOKAWA/けものみち製作委員会

 

全く金銭事情が解決せず、源蔵が拾ってきた鳥にエサを要求され、流石のシグレもぶちキレる始末です。

ちょっと絵柄がマンガでわかるFGOのリヨさんの絵に似てますよね。

シーン的にも狂気が重なってしまいました。

いざグリフォン退治へ

クエスト目標のグリフォン
©2019 暁なつめ/まったくモー助/夢唄/KADOKAWA/けものみち製作委員会

 

生活も苦しくなってきたことをシグレがギルドマスターに相談したところ、グリフォン退治のクエストを斡旋してもらいました。

ちゃっかり第4話で源蔵も文字が読めるようになっていましたね。

ただグリフォンの生態を調べると「一度の繁殖で2匹の子供を産む。グリフォンは2匹の子供を争わせ、勝ったほうだけを育てる。負けたほうは母親から子育てを放棄されて命を落とす」という情報を見て、源蔵は親グリフォンではなく勝負に負けた子グリフォンを奪還するという方針をとりました。

源蔵はグリフォンの子供を奪うことに成功はしますが、親グリフォンから逃走することは困難な状況に陥ってしまいます。

無策に突っ込んだカーミラは簡単に犠牲になり、源蔵は子グリフォンをシグレに預けた源蔵はグリフォンに立ち向かいますが、けもの愛が炸裂しモフりに集中しているところを岩に叩きつけられノックダウン。

花子のおかげで無事生還
©2019 暁なつめ/まったくモー助/夢唄/KADOKAWA/けものみち製作委員会

 

結局花子がグリフォンを少し齧っておいしくなかったので、2人を回収して逃げてきたとのこと。

源蔵ことケモナーマスクは異世界初の黒星に加え、クエストは失敗扱いで報酬はもらえませんでした。

シグレのネコババ

ギルドで出会ったカゲロウの剣をネコババするシグレ
©2019 暁なつめ/まったくモー助/夢唄/KADOKAWA/けものみち製作委員会

 

第4話もグリフォン退治のクエストの話を聞き、話に割り込んできたカゲロウを源蔵がぶっ飛ばす下りからしっかりシグレが聖剣『デュランダル』をネコババしていました。

グリフォンにやられた冒険者たちの剣をネコババするシグレ
©2019 暁なつめ/まったくモー助/夢唄/KADOKAWA/けものみち製作委員会

 

グリフォンを発見し、敗れた冒険者たちの剣もしっかりシグレがネコババしていました。

突っ込み不在です。

ネコババした武具を売り払うシグレ
©2019 暁なつめ/まったくモー助/夢唄/KADOKAWA/けものみち製作委員会

 

第4話ではそんなシグレのネコババ行動もきっちりと売り払う様子が描写されており、落ちがついていましたね。

カゲロウは返せと訴えてもいいと思うんですけどね…。

今週のけものみち

カーミラにアルゼンチンバックブリーカーをかける源蔵
©2019 暁なつめ/まったくモー助/夢唄/KADOKAWA/けものみち製作委員会

 

「今週のけものみち」第4回は 源蔵がカーミラにアルゼンチンブリーカーをかけていましたが、これを実写再現しています。

スーパー・ササダンゴ・マシンさん遂に「決まりなんで言います」とか言っちゃってましたね。

結構実演してみれるのはプロレス詳しくない人にとってはありがたいですよね。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です